よく使われるツボ【曲池】

0

     

    肘のしわの外側端にある

    【曲池】

     

    ここもよく使います。

     

    TPE01243.jpg

     

    肩こり

    便秘

    下痢

    腹痛

    などに使います。

     

    大腸経という経絡のツボのひとつです。

    ですから腸と関係があります。

     

     

    肘から下にあるツボは、

    自分で押さえたりしやすいので

    覚えておくと便利ですね。

     

     


    よく使われるツボ【合谷】〜そして流産の思い出…

    0

      【合谷】

      手の陽明大腸経のツボです。

       

      TPE01235.jpg

       

      このツボはとても強力です。

       

      目の症状

      歯の痛み

      吹き出物

      肩こり

      血圧

      鼻の症状

      便秘や下痢

      などなど

       

      様々な効果が期待できます。

       

       

      またこの【合谷】は

      強力な下す作用がありますので、

      妊娠中の女性には使いません。

       

      使うとすれば、出産時です。

      子宮の収縮を促しますので

      難産にならないよう用います。

       

       

      うちではこんな事がありました。

      アキ先生3度目の妊娠のときです。

      検診でおなかの赤ちゃんの心臓が

      止まっていることがわかりました。

       

      病院での処置はせず、自然に任せることに。

      その時に、この【合谷】を使いました。

      合谷にツボを刺激する金属の小さな粒を張り

      三陰交にお灸をすえました。

       

      その時の話

      私の流産の話その1

      私の流産の話その2

      私の流産の話その3

      私の流産の話その4

       

       

      それだけ効果のあるツボということなんです。

       

       

       


      温活しよう〜お灸編〜その2

      0

        鍼灸師が一番用いるツボはこの↓三里(さんり)

        TPE01246.jpg

        膝の下で、右脚なら右手の親指と人差し指でひざのお皿を囲み

        伸ばした中指の先端にあります。

         

         

        氣を調える

        胃の調整

        膝の痛み

        食べすぎ

        冷え

        下の歯の痛み

        足の疲れ

        などなど

         

        さまざまな場面で使います。

         

        せんねん灸のような台の付いたお灸や

        ツボ押しグッズなどで刺激しても効果があります。

         

         

        私の三里はどこなの???

        ってあなた、

        5月11日(木)浜北区の梅農家『寿梅園』での

        ワークショップが決定しました。

         

        午前10時から90分の講座です。

        参加費は材料費込で3,000円

         

        ↓こちらもご覧ください。↓

        浜北梅農家の日々いろいろ 〜青梅畑から〜

         

         

         

         


        温活しよう〜お灸編〜その1

        0

          手軽なお灸として「せんねん灸」という

          のがあります。

          P1060011.JPG

          紙やウレタンの台の上にもぐさが乗っており

          あまり熱くないように工夫されています。

          P1060012.JPG

          とはいえ、火をつけるのですから、

           

          はじめてだと戸惑うようです。

           

          「お灸女子一年生」などという書籍も

          でています。

           

          そんなこともあり、アキ先生が去る3月11日SBS学苑で

          講座を開催しました。

           

          満席になるほどの人気でした。

           

           

           

          そこで、5月11日(木)浜松市浜北区の梅農家

          寿梅園にて、講座を開催することになりました。

           

          時間は10時開始(予定)です。

           

          詳細はまたお知らせします。

           

           


          わが家のサプリメント?

          0

            わが家で使っているサプリメント

            その1 アスコルビン酸(ビタミンC)

            その2 クエン酸

            その3 梅肉エキス

             

            KC4I0221.jpg

            アスコルビン酸は、お風呂の湯を中和します。

            もちろん飲むこともしますよ。

            効果としては、

            活性酸素を除去する

            コラーゲンの生成を助ける

            血行促進して肌の新陳代謝を調える

            などいろいろと用途がありますね。

             

            クエン酸も、飲むだけでなく

            石鹸シャンプーあとのリンス(中和)に使ったり

            洗濯石鹸の中和の為に利用しています。

             

            そして最後の梅肉エキス。

            上記のふたは化学的合成品

            ですが、これは自然のものです。

             

            発熱時や咳が出る、下痢の時

            嘔吐のとき、などなど

            調子の悪いときにのむといいですよ。

             

            これからの季節、活躍する梅肉エキス。

            一家に一本常備薬代わりにあると便利です。

             

             


            アトピーの入浴法

            0

              アトピーのお風呂の入り方

               

              _1070563.jpg

               

              皮膚を栄養する毛細血管の血流をよくするには、

              しっかり温めたいところです。

               

              しかし、熱めのお風呂でしっかりあたたまるのは

              ひかえましょう。

               

              熱めのお風呂に入ると、出た後に体温を下げようと

              水分を蒸散させます。結果肌が乾燥します。

               

              さらに熱い湯に入ったあとは、石鹸を使わなくとも

              皮脂が落ちるので、肌バリアも弱くなってしまいます。

               

              ですから、熱めのお風呂はやめたほうがいい。

               

              38〜39度のぬるめでゆっくりと浸かる

              入り方がおすすめです。

               

               

               


              進化しています

              0

                セルフケアがどんどんが進化しています。

                 

                ↓これは「ひざすりすり体操」

                骨盤の調整、股関節、腰、背中、お腹を緩め内臓にも効果あり。

                やり方は、

                横向きに寝ます。

                そして上側の脚を前にだします。

                その時、座布団2枚の上に置くといいです。

                画像では、押し入れシートなどツルツルしたものをひいています。

                やりやすいから。

                 

                そして上側の手はお腹に、下側の手は胸に当てます。

                その状態で、上側の脚を上下に動かします。

                なるべく力を入れずに、動かしてください。

                30回を目安に、両側を行います。

                P1050568.jpg

                 

                以前は、床に膝から下をおいて動かすやり方でした。

                 

                今現在は、このように↓

                P1050569.jpg

                座布団やクッションで高さをあげて

                動かしてもらうようにしています。

                 

                こうすることで、股関節の負担が減ります。

                またお尻の筋肉が緊張しなくなり

                大腰筋・腸骨筋がゆるみやすくなります。

                 

                お腹が緊張していると、腸の働きもよくないのです。

                この体操で、おなかがゆるむと腸が活発になり

                便秘にもよいです。

                下半身の血流もよくなります。

                特に骨盤内の臓器にいいですよ。

                 

                 


                守ること・なおすこと

                0

                  ヒトの体の中では
                  「防衛」と「修復」がつねに行われています。

                  「防衛」とは免疫のこと

                  「修復」は炎症です。


                  花001.jpg

                  異物や死んでしまった自分の細胞を排除して修復するときに
                  炎症が起きます。


                  免疫は過敏すぎると、自分の細胞まで攻撃してしまい
                  余計な炎症を引き起こし
                  アレルギー疾患のような問題を起こしていしまいます。
                  かといって、鈍すぎると防衛できません。

                  免疫と炎症は表裏一体なのです。

                   

                   

                  また、組織の損傷でも炎症が起きます。

                   

                  たとえば、どこかにぶつけたとすると、

                  壊れた組織をなおすために、血液が集まってきます。

                  そこが腫れて熱を持ち痛みます。

                  炎症が起きているんですね。

                   

                  この時、なおるのが年とともに遅くなってきます。

                   

                  この差は、毛細血管の量です。

                   

                  歳とともに毛細血管の数が減ってきます。

                  血液の流れる量も、減るということです。

                   

                  患部の血流量が少なければ、なおるのも

                  遅くなります。

                   

                  はり灸や、整体施術等を受けると

                  ケガのなおりが早くなるのも

                  患部の血流量が増えるからと思われます。

                   

                  当院で導入決定した機器MCCでの

                  RIP(遠隔虚血プレコンディショニング)でも

                  血流量を増やすことができます。

                   

                  病気のほとんどが、血流不足でおこる

                  といわれています。

                   

                  ですから、どんな方法でもかまわないので

                  めぐり(血液循環)をよくするように

                  気を付けましょう。

                   

                  ウォーキングでもいいし、入浴でもかまいません。

                  足湯、こんにゃく湿布、せんねん灸、びわ灸

                  太極拳、真向法、ヨガ、エアロビクス、水泳

                  ストレッチなどなど。

                   

                  無理なくつづけられるものがいいですね。

                   



                   


                  内臓を活性化する体操【その6】生理機能、神経機能、ホルモン調整

                  0
                    今回は冷え性を改善し、便通が良くなり尿失禁対策にもなる
                    体操を紹介します。

                    ミラクルローリング(KANTAのミラクルブログより)

                    骨盤を回転させることによって、骨盤内の小腸
                    膀胱、子宮を支えている骨盤底筋群を刺激します。
                    仙骨から脳幹に骨髄液・気のエネルギーを送り
                    身体の生理機能、神経機能、ホルモンを調整します。
                    第1チャクラ(骨盤底、仙骨、生殖器)〜
                    第2チャクラ(丹田)にエネルギーをチャージ
                    ローリング01.jpg
                    両足は開いて、ひざをぐっと曲げます。
                    脇をしめ、グーを握ります。
                    骨盤を大きなお皿にみたてます。
                    ローリング02.jpg
                    お皿に見たてた骨盤を後から
                    水をすくうようにまわしていきます。
                    ローリング03.jpg
                    ローリング04.jpg
                    ローリング05.jpg
                    ローリング06.jpg
                    ローリング07.jpg
                    10回まわしたら
                    腰を落とした状態でとめ、
                    丹田に力をぐっと入れます。
                    地球の中心(セントラルサン)からエネルギーが
                    丹田に上がってくるのをイメージします。
                    このエネルギーを開放します。
                    その解放したエネルギーが、銀河の中心へとつながり
                    無限に広がるイメージで
                    「ミラクルどっかーん!」と言ってジャンプ!


                     

                    内臓を活性化する体操【その5】呼吸器系の調整

                    0
                      呼吸器系調整の体操です。

                      フェニックスウェーブ
                      みぞおち、のど、ハートを開いていきます。

                      みぞおちが開くと、こころ内臓がクリアになっていきます。
                      ハートを開くと生体エネルギーが高まります。
                      ハートは脳の200から5000倍のエネルギーを発しています。

                      のどを開くことによって甲状腺を刺激し、
                      身体の新陳代謝、免疫力を高めます。

                      フェニックス01.jpg

                      フェニックス02.jpg
                      「シュッ」と言って息を吐きながら
                      前かがみになって両手をクロスさせます。
                      フェニックス03.jpg
                      そして鼻から息を吸いながら、上体を起こします。
                      両手は翼を広げるようにしましょう。
                      あごを天に向けるようにすると、のどがよく開きます。
                      これを5回繰り返しましょう。


                      実はもとねたがあるのです。
                      KANTAのミラクルブログ
                      ここに動画がありますので
                      参考にしてください。

                      わたしは1年くらいやっています。
                      とてもいいですよ。


                       

                      | 1/3PAGES | >>

                      平成29年6月のお休み

                      毎日曜日休み。

                      ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

                      私が開院した理由

                      院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

                      selected entries

                      categories

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode
                      BBS7.COM
                      MENURNDNEXT
                      Twitterボタン
                      Twitterブログパーツ

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM