自己治癒力をあげて元気になる その9

0
    前回、お風呂の話しが出たので、

    その関連について。


    ヒートショックプロテイン入浴法

    ヒートショックプロテインとは?
    病気やストレスで傷つき、構造がおかしくなったタンパクをもとの
    構造に修復して元気な細胞にしてくれるのが、
    ヒートショックプロテインです。

    人体に、さまざまなストレス(精神的・物理的・化学的)が加わると
    タンパクが傷つき、病気になったり調子が悪くなります。
    そこで、身体をあたためるとヒートショックプロテインが増えます。
    傷ついたタンパクをヒートショックプロテインが修復して
    元気になります。

    ヒートショックプロテインを増やす入浴法
    体温が38度以上になると、ヒートショックプロテインが増えます。
    そのためには、
    42度のお湯なら、10分。
    41度のお湯なら、15分。
    40度のお湯なら、20分。
    これでヒートショックプロテインを増やすことができます。

    用意するもの
    ・風呂
    ・湯温を計る温度計。舌下で計る体温計。
    ・風呂のふた
    お風呂を42度に沸かす。
    (最初は熱いので、40度からはじめてください)
    入浴中は風呂のふたをして、顔だけ出す。
    あがったら、保温する。(ガウンや毛布、サウナスーツ
    なんでもよいので10分から20分保温します)
    300から500ミリリットルの水分補給(なるべく体温に
    近い温度で。入浴前にもコップ1杯ほど飲んでおくとよい)
    できれば週2回行う。

    ※注意
    42度の入浴法は高齢の方、体力の弱い方、心臓に疾患のある方、
    高血圧の方、低血圧の方には負担をかける恐れがあります。
    くれぐれもご注意いただき、医師の判断を守りながら
    行ってください。

     


    平成29年6月のお休み

    毎日曜日休み。

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM