手首が

0
    さん 30代女性 湖西市

    両手首が痛いということで来院。

    病院へ行ったが、湿布と薬をもらった。
    使いすぎなので、安静にしていればなおる
    と言われたそうです。

    そりゃそうです。
    腱鞘炎ですからね。


    でも、仕事をずっと休むわけにはいきません。

    痛みがなくなったとしても、また仕事をしたら
    ぶり返します。


    同じ作業を続けていると、同じ筋肉だけに
    負担がかかるので手首などの骨がずれてきます。

    夜のうちに疲労がとれ、筋肉に弾力がもどれば
    痛みがなく作業を続けられます。
    ところが疲労が取れきれずに、負荷がかかり
    つづけると筋肉が硬く緊張がとれなくなります。
    すると関節の骨がずれはじめます。
    ずれはほかの部位にも影響します。
    手首だけでなく、肘や肩、首にまで影響が及ぶことも。

    今回のSさんの状態がこれです。
    手首の骨がずれていて、肘と手首の間にある
    2本の骨が開いています。

    手首の骨を修正して、動かしてもらうと
    痛みが楽になりました。

    体の使い方も問題です。
    手作業であっても、どれだけ体の多くの部分を
    使って作業するかで疲れ具合が違います。

    例えば
    落ちている消しゴムを拾うとき
    親指と人差し指くらいで取れますね。
    中指も使うとしても、指3本くらいですね。

    では、2キロ入りのコメ袋が床においてあり、
    それをテーブルの上に乗せるときどうしますか?

    片手全部、もしくは両手を使いますね。

    でも、2キロくらいだったら男性なら2本の指だけでも
    持ち上げられないですか?

    なぜそうしないのか?

    傷める可能性があるからですね。

    なので両手で持ったほうがいい、と判断します。

    軽作業であっても、長時間つづくと局所的に
    負荷がかかりすぎます。

    なので、体の多くの部分を使って分散させるのが
    いいのです。

    手先を使う作業でも、肩甲骨を意識したり
    肋骨も使うように意識します。

    そうるすると負荷が分散されます。

    あとは、手首や肘の下あたりに
    軽くテーピングをして骨が開くのを
    抑えると楽です。

    ライン作業の方は参考にしてみてください。


     


    平成30年11月のお休み

    毎日曜日休み。3日文化の日。23日勤労感謝の日。

    ブログ「アトピーケア自然療法がんばらない脱ステロイド体質改善」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM