五カ月の赤ちゃんですが

0
    乳児湿疹から、アトピーといわれ
    医療センターでひと月も入院されていたRくん。


    IMG_20160607_160524299.jpg

    イケメンですね。
    将来が楽しみ。

    とにかく活発に動く子です。
    力みが強すぎ、緊張がとれなくなり
    症状がでていたと思われます。
    画像では肌がきれいですが、これは病院の指示通りに
    ステロイドを使用しているからです。

    スタンドでいうと近距離パワー型といったところでしょうか。
    (わかる人にはわかる)

    ふくらはぎや前腕部がかたいです。
    赤ちゃんは、加減がわかりませんから
    仕方ないです。
    成長とともに、調節の仕方を覚えていきます。
    みんなそうなので、安心してください。

    性格もありますよ、その子によって。
    慎重な子は力みが少ないことが多いです。


    こんな小さい五カ月の子でも、施術は可能です。
    その場でケアの方法もお伝えしています。

    親御さんも、力まないことです。
    当院は、
    「無理しない」
    「がんばらない」
    「努力しない」
    「楽に、簡単に」
    をモットーとしています。

    また脱ステロイドを目的としていますが、
    急にやめることはしません。
    そんなことをしたら、本人も家族も辛い目に
    あいます。
    つらいときは薬に頼りましょう。
    セルフケアをしていれば、薬の効きがよくなります。
    なので少ない量で大丈夫。
    それをつづけていると、自然と使わなくても
    よくなってくるのです。

    そして、
    ケアはつづけられなければ意味がありません。
    なので、楽に簡単にがんばらないケアを
    その方にあったケアを提案しています。

     


    平成29年10月のお休み

    毎日曜日休み。9日体育の日。

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM