ねじれた

0

    膝といっても、ひざ下のぐりぐりが痛くなった男性

    10代 浜松市浜北区

     

    オスグッド・シュラッター病とは違う感じがします。

     

    もう成長痛というほどの年でもないので、原因が違う。

     

     

    P1050366.jpg

    「私はこれから成長期よ〜〜」

     

     

    オスグッド・シュラッター病では

    ひざ下の脛骨粗面あたりにでます。

    運動なので、ジャンプや屈伸で大きな衝撃が

    膝や脛骨付近にかかり、脛骨粗面あたりに

    炎症が起きることによって痛みます。

     

    彼の場合は、とくに運動もしていないので

    別の要因によって痛みが出ているようすです。

     

    はじめは脛骨と腓骨が離れてでているのかと

    思いました。

    締めてみても変わらないので、よく観察してみます。

     

    大たい骨に対して、下腿が内側へねじれています。

     

    試しに修正する方向に軽くねじり確認してもらうと

    痛みが出ません。

     

    なので、手技を掛けます。

     

    その後痛みがなくなりました。

     

    ちょっとしたねじれですけど、数ミリ単位でもいろいろと

    でるものです。

     

    許容範囲内なら大丈夫なのですけどね。

     



    平成29年7月のお休み

    毎日曜日休み。17日海の日。31日(月)

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM