いつもかたいのは

0

    ねこはやわらかいですね。

     

    KC4I0145.jpg

     

    でも、ひとたび運動するときとなれば、

    筋肉は緊張して硬くなります。

     

     

    体を鍛えている人は、いつも硬いもの???

     

    それはいい筋肉とはいえません。

     

    スポーツでけがを防止するためにも

    筋肉を鍛えてかためた方がよい、と思われていますが

    それでも故障する人は後に絶ちません。

     

    世界陸上やオリンピックで活躍した

    末續選手も、1日2000回くらい腹筋をしていたそうです。

    けれども、

    「あんなに腹筋をやらなくてもよかった。あのせいで走れなくなった」

    と話していたそうです。

     

    がちがちに固めることで、炎症や肉離れケガに

    悩ませられている選手は多いのです。

     

     

    ボディビルはそれでいいですよ。

    筋肉の太さを競う競技なので。

     

    でも、そのほかのスポーツは陸上にしろ

    サッカーにしろ、筋肉の太さを競うものではありません。

     

    スピードであったり技術であったり、

    競技で結果を残すために、からだをどう使うか。

     

    決して鍛えることが目的ではないのです。

     

    硬い筋肉というのは、酸素不足栄養不足です。

    毛細血管と筋細胞間の物質交換ができていないのです。

     

    そういう筋肉は、まずはゆるめて血液循環を

    よくすることが大切です。

     

    そうすることで、筋肉本来のパフォーマンスが

    発揮されるのです。

     

     



    平成29年6月のお休み

    毎日曜日休み。

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM