18年ぶり

0

    KC4I0166.jpg

     

    18年ぶりにゴルフのコースに出るので練習をしました。
    
    なにせ久しぶりなので、打てなくなっています。
    当然といえば当然ですね。
    しかし、一度覚えたことは脳が記憶しているのです。
    ある程度練習すると、感覚がよみがえってきました。
    
    先日のスケートもそうでしたが、過去の経験というのは
    残っているもの。
    そう考えると、何事も経験をしておくというのは大切ですね。
    
    脳というのは新しいことは苦手ですが、経験したことというのは
    完全ではなくても記憶しています。
    (人によっては完ぺきに記憶している場合もあります。)
    
    勉強でも運動でも、早さの違いはあれど若くとも年をとっても
    脳は覚えようとします。
    筋肉も年齢に関係なく鍛えることができます。
    
    鍛えることができないのは、消化能力くらいでしょうか。
    こればかりは、歳とともに衰えるのみです。
    《これ、大事です。》
    
    ということは、歳とともに食べる量を調整しなければならないということ。
    40代になっても、20代のように食べていては過剰摂取となります。
    過剰摂取分は、排泄するか、蓄積するか、です。
    これは体質によることもあります。
    しかし排泄能力も衰えるので、結局は摂取を調節しなければならなくなります。
    

    30代以降、1日3食は食べすぎだと私は思っています。

     

    「朝しっかり食べないと、体が動かないし頭も働かない。」

     

    とテレビやマスコミは言いますね。

     

    本当でしょうか。

     

    ゴルフコースを回った当日明け方まで雨が激しくふり、

    晴天ではなかったですが湿度がすごく高かったです。

    朝にはやみ、ゴルフコンペも予定通り開催されました。

    コースに出ると、あまり風がなく気温と湿度が高いので

    とても汗をかきました。

     

    どうだったかというと、まったくばてることなく集中力も

    途切れず午前中9ホールまわることができました。

     

    それは、朝食をしっかり摂ったから?

    いえいえ、私は朝食は摂りません。

    コースを回っている途中、口にしたのはミネラルウォーターのみです。

    余分なものはいらないのです。

    食べない方が体が楽です。

     

    消化にエネルギーを摂られることがないので

    他のことに集中できます。

     

    1日一食か二食で十分です。

     

     

     

     

     

     

     

     



    令和元年10月のお休み

    6日、13日、14日、19日(臨時休業)20日は日曜日ですが、営業します。27日。

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM