肘と手首

0

    肘が痛いとき、肘が悪いと思いますよね。

     

    肘が痛む原因の一つとして、

    手首のズレがあります。

     

    手首がずれることによって、

    手首と肘の間の2本の骨(橈骨と尺骨)がずれます。

     

    すると2本の骨の間隔が広がることもあります。

    サポーターをはめると楽になる人は

    間隔が開いているということです。

     

     

    a0055_000561.jpg

    この画像をみてください。

    腕の軸に対して、手首の角度がずれていますね。

     

    テニスラケットを持つときも同じです。

    さらに強い力が加わるのですから

    どうなるか想像できると思います。

     

     

    そんなときの対処法ですが、

    まず痛い方の手を軽く前に伸ばします。

    手のひらは前方に向けます。

    反対側の手で力こぶを包むようにします。

    小指が肘のしわあたりにくるように

    手をあててください。

    そして、その手をはさむように肘を曲げ伸ばしします。

     

    痛い方の肘で、痛くない手をはさむのです。

    痛い方の手のひらは自分の方に向けず、必ず前方を向くように。

    はさまれる手は自分の方に向いていてかまいません。

     

    10回曲げ伸ばししたら確認してみてください。

    楽になっていると思います。

     

    これで効果が出ないときは、専門家にみてもらってください。

     

     

     

     



    平成30年8月のお休み

    毎日曜日休み。9日、10日富山セミナー&施術会の為、11日、13日、14日お休みいただきます。

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM