乾燥する時期のケア その2

0

    乾燥するこの時期では、角質層が乾燥しないよう

    注意することが大切です。

     

    皮膚の細菌叢の乱れからバリア機能の

    低下が引き起こされます。

    細菌叢が乱れると、黄色ブドウ球菌やボービス菌の

    定着を許すことで、炎症が起きやすくなります。

     

    このような皮膚のバリア機能の低下の要因と

    なるのが、角質層の水分不足です。

     

    ですから、しっかりと水分補給をすることが

    必要となってきます。

     

    医療機関でもらう保湿剤は基本油系です。

    ですから、塗ったときは肌が柔らかくなり

    うるおったような気分になりますが、

    あくまで油なので、水分補給にはなりません。

     

    まずは、ローションや化粧水、ジェルで

    しっかり補水します。

    いつもより2から3倍の気持ちで、たっぷりと

    つけてください。

    そのうえで、保湿剤などの油系でふたをします。

     

     

    アトピーで大事なのは、皮膚のバリア機能です。

    そのためには角質層の水分保持が大切になってきます。

     



    平成29年8月のお休み

    毎日曜日休み。11日から14日までお盆休み。15日16日はセミナーのため休みます。26日セミナーのため休みます。28日臨時休業です。

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM