ドクダミをいただきました

0

    患者様からドクダミをいただきました。

     

    KC4I0319.jpg

     

    その方は、葉っぱをホワイトリカーに漬けて

    化粧水にしているそうです。

     

     

    少し調べてみると、かなりの効果のある野草

    のようですよ。

     

    以下引用

    二千年以上前から民間薬として使われてきたドクダミの歴史は古く、その効用は大きいのです。胎毒下しや皮膚病の

    治療に広く愛用されてきたため、今もたいていの薬局においてあります。

     ドクダミは浄血・利尿・殺菌・毛細血管強化・緩下・止血などに役立ち、常用すると胃腸が丈夫になり、高血圧

    動脈硬化・脳溢血の予防や治療に使っても有効です。

    引用終わり(東条百合子著 株式会社池田書店 1988年)

     

    腫れものの吸出しには、生葉を火であぶり、もんで患部にはります。

    もんだ汁を患部につけてもいいです。

    便秘や糖尿病には、葉茎を煎じてのみます。糖尿病には生葉がいいそうです。

    冷え性あせもには、全草で薬湯をたてて入浴します。

     

     

    とりあえず、今日洗って水切りしました。

    干してお茶にしようかな。

     

     



    平成29年10月のお休み

    毎日曜日休み。9日体育の日。

    ブログ「こどももママもぐっすり眠れるようになるアトピー乾燥肌改善免疫アップケア」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM