クールダウン入浴(36度から37度)

0

    夏が近づいてきました。

     

    P1010562.JPG

     

    これから汗をかく機会も多くなりますね。

     

    その時に、入浴はどうするのか?

     

    肌にトラブルのない方は、

    「シャワーを浴びるにきまってるじゃない」

    と思いますね。

     

    アトピー湿疹の方でも、しっかり体を

    洗っているかもしれません。

     

     

    石鹸で身体を洗うときれいになります。

    ですが、肌バリアもなくなってしまいます。

     

    健康な肌の人は、数時間で戻りますので

    問題はありません。

     

    ですが、アトピー湿疹の方は違います。

    ただでさえバリア機能が弱いところに

    身体を洗ってしまうと、無防備な肌と

    なってしまいます。

     

    お風呂シャワーに入らなくても気にならない、

    という(まれな)人は、入らなくてかまいません。

     

    入りたい、入りたがるという場合は

    湿疹のある所はワセリンを塗ってから

    入浴します。

    そうすると必要以上に皮脂が落ちなくて

    済みます。

     

    もちろん、湯温は38度くらいです。

     

    またかゆみがある場合、

    体温に近い36度から37度くらいの入浴は

    ほてりを沈めかゆみが軽くなることもあります。

    試してみてください。

     

     

     



    平成30年11月のお休み

    毎日曜日休み。3日文化の日。23日勤労感謝の日。

    ブログ「アトピーケア自然療法がんばらない脱ステロイド体質改善」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM