左肩があがらない

0

    こんにちは

     

    ナチュリカ湖西療術院 院長のほりです。

     

     

    今回は、五十肩です。

     

    島田市から電車で1時間30分かけて

    いらっしゃる、Iさん(70代 女性)

     

    昨年の5月頃より、肩に違和感があり

    ついに痛くて挙がらなくなってしまいました。

     

     

    左肩が水平にもあがりません。

    横にも60度くらいまで。

    腰に手を当てるのも無理。

     

    Tシャツのような服は着ることができないので、

    いつもボタンのものをお召しになっているとのこと。

     

    まず、とても冷えています。

    腕も全体的に冷たいのはもちろん、

    身体も触れると冷たい感じがします。

     

    お風呂が苦手、とのこと。

     

    そして、お仕事をされているのですが

    それがお裁縫です。

     

    ダンスグループの衣装などを頼まれて

    作っているそうです。

     

    なので、左手で生地をおさえ、ミシンで縫う

    みたいなことを長い時間されています。

     

    そのために、かなり左の肩周辺に負担がかかり

    長い筋緊張のため、慢性的な疲労が積み重なった

    と予想されます。

     

    施術をはじめてみると

    とにかく肩周辺が硬い。

    ゴリゴリにつまっています。

     

    丁寧に緊張をゆるめていきます。

     

    すると、腕があたたかくなりました。

     

    血液が通い出し、温度が上がりました。

     

    終わって確認します。

     

    「ぜんぜん痛くない!」

     

    とびっくりされていました。

     

    さすがに可動域はまだまだです。

     

    痛みで動かせなかったため、筋肉が

    短縮してしまっている部分がありました。

     

    痛みはとれてしまったので、

    とても楽になったようです。

     

    気持ちも楽になり、顔が明るくなりました。

     

    来院時は、暗い表情でしたが

    お帰りのときは、ニコニコと笑顔でした。

     

     

     



    令和元年5月のお休み

    毎日曜日休み。1日、3日、4日、5日、6日。

    ブログ「アトピーケア自然療法がんばらない脱ステロイド体質改善」

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM