アンチ・ステロイド療法業者がいっていることは

0

    アンチ・ステロイド療法の業者は


    「食べ物には有害物質が含まれるんです。

     だから食べ物を食べてはダメです!」

    KC4I0286.jpg

     

     

    たとえるなら、こんな無理なことを言っているようなもの。
    食べなかったら、死にますよ。


    ステロイドがどういうものなのか?
    それをわかっていたら、
    「急に止める」
    という選択はとらないはずし、

    そんな危険な行動をとれないものです。


    まず、ステロイドがどういうものなのか
    みてみましょう。

     

    肌でいうと、黄色ブドウ球菌などの細菌感染が起こると
    血液が集まり、赤く温かくなります。「炎症」が起こります。

     

    すると細胞膜のリン脂質に結合している

    アラキドン酸という物質から、
    酵素を介してロイコトリエン、

    プロスタグランジンという
    生理活性物質が作られ、それらの作用で

    痛みや炎症などの症状が起こります。

     

    ステロイドはその炎症を抑えるのですが、
    モーラスなどの非ステロイド系抗炎症薬の
    非ステロイド性抗炎症成分は

    プロスタグランジンを作る過程を抑えます。
    ステロイドはその前のアラキドン酸の働きを抑えます。


    ステロイドの方が非ステロイド性抗炎症成分よりも

    強力な抗炎症作用を発揮します。

     

    ■抗炎症作用:炎症を促す物質の産生を抑制します。
    ■細胞増殖抑制作用:炎症反応を引き起こす細胞の増殖を抑えます。
    ■血管収縮作用:炎症部の血管を収縮させることで、患部の赤みを鎮めます。
    ■免疫抑制作用:抗体の産生を抑制します。

     

    これだけの作用があるのですから、
    クスリとしてはかなり優秀ではないでしょうか。

     

    優秀すぎるゆえ、これを突然やめたら、
    とても恐ろしいことが予想されます。

     

    反対のことが起こるのですから、

    ■炎症がどんどん広がる
    ■炎症を引き起こす細胞が増殖
    ■血管がどんどん広がり、赤くなる
    ■抗体がどんどんできる

     

    とても激しい症状が起こってくることになります。

     

    この状態を我慢すれば、

    脱ステロイドができるのでしょうか?

     

    とてもそうは思えません。

     

    ステロイドを使っている人は、
    自分の体で炎症の反応を抑えられていない。
    だから使っているのです。

     

    やめたら、一連の反応を抑えられるのでしょうか。

     

     

    健康な体は、感染症にかかった場合
    その一連の炎症反応が起こりますが、免疫反応が起こり

    外敵の駆除が完了したら次第に治まります。
    「その力」があるのです。

     

     

    ですから、アトピーのあなたがステロイドをやめるには
    「その力」
    がなければならない。

    「その力」
    を付けるまで、やめてはならないのです。



    令和2年8月の休み

    日曜日・祝祭日休みます。13日14日15日お盆休み。

    私が開院した理由

    院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    BBS7.COM
    MENURNDNEXT
    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM