守ること・なおすこと

0

    ヒトの体の中では
    「防衛」と「修復」がつねに行われています。

    「防衛」とは免疫のこと

    「修復」は炎症です。


    花001.jpg

    異物や死んでしまった自分の細胞を排除して修復するときに
    炎症が起きます。


    免疫は過敏すぎると、自分の細胞まで攻撃してしまい
    余計な炎症を引き起こし
    アレルギー疾患のような問題を起こしていしまいます。
    かといって、鈍すぎると防衛できません。

    免疫と炎症は表裏一体なのです。

     

     

    また、組織の損傷でも炎症が起きます。

     

    たとえば、どこかにぶつけたとすると、

    壊れた組織をなおすために、血液が集まってきます。

    そこが腫れて熱を持ち痛みます。

    炎症が起きているんですね。

     

    この時、なおるのが年とともに遅くなってきます。

     

    この差は、毛細血管の量です。

     

    歳とともに毛細血管の数が減ってきます。

    血液の流れる量も、減るということです。

     

    患部の血流量が少なければ、なおるのも

    遅くなります。

     

    はり灸や、整体施術等を受けると

    ケガのなおりが早くなるのも

    患部の血流量が増えるからと思われます。

     

    当院で導入決定した機器MCCでの

    RIP(遠隔虚血プレコンディショニング)でも

    血流量を増やすことができます。

     

    病気のほとんどが、血流不足でおこる

    といわれています。

     

    ですから、どんな方法でもかまわないので

    めぐり(血液循環)をよくするように

    気を付けましょう。

     

    ウォーキングでもいいし、入浴でもかまいません。

    足湯、こんにゃく湿布、せんねん灸、びわ灸

    太極拳、真向法、ヨガ、エアロビクス、水泳

    ストレッチなどなど。

     

    無理なくつづけられるものがいいですね。

     



     


    内臓を活性化する体操【その6】生理機能、神経機能、ホルモン調整

    0
      今回は冷え性を改善し、便通が良くなり尿失禁対策にもなる
      体操を紹介します。

      ミラクルローリング(KANTAのミラクルブログより)

      骨盤を回転させることによって、骨盤内の小腸
      膀胱、子宮を支えている骨盤底筋群を刺激します。
      仙骨から脳幹に骨髄液・気のエネルギーを送り
      身体の生理機能、神経機能、ホルモンを調整します。
      第1チャクラ(骨盤底、仙骨、生殖器)〜
      第2チャクラ(丹田)にエネルギーをチャージ
      ローリング01.jpg
      両足は開いて、ひざをぐっと曲げます。
      脇をしめ、グーを握ります。
      骨盤を大きなお皿にみたてます。
      ローリング02.jpg
      お皿に見たてた骨盤を後から
      水をすくうようにまわしていきます。
      ローリング03.jpg
      ローリング04.jpg
      ローリング05.jpg
      ローリング06.jpg
      ローリング07.jpg
      10回まわしたら
      腰を落とした状態でとめ、
      丹田に力をぐっと入れます。
      地球の中心(セントラルサン)からエネルギーが
      丹田に上がってくるのをイメージします。
      このエネルギーを開放します。
      その解放したエネルギーが、銀河の中心へとつながり
      無限に広がるイメージで
      「ミラクルどっかーん!」と言ってジャンプ!


       

      内臓を活性化する体操【その5】呼吸器系の調整

      0
        呼吸器系調整の体操です。

        フェニックスウェーブ
        みぞおち、のど、ハートを開いていきます。

        みぞおちが開くと、こころ内臓がクリアになっていきます。
        ハートを開くと生体エネルギーが高まります。
        ハートは脳の200から5000倍のエネルギーを発しています。

        のどを開くことによって甲状腺を刺激し、
        身体の新陳代謝、免疫力を高めます。

        フェニックス01.jpg

        フェニックス02.jpg
        「シュッ」と言って息を吐きながら
        前かがみになって両手をクロスさせます。
        フェニックス03.jpg
        そして鼻から息を吸いながら、上体を起こします。
        両手は翼を広げるようにしましょう。
        あごを天に向けるようにすると、のどがよく開きます。
        これを5回繰り返しましょう。


        実はもとねたがあるのです。
        KANTAのミラクルブログ
        ここに動画がありますので
        参考にしてください。

        わたしは1年くらいやっています。
        とてもいいですよ。


         

        内臓を活性化する体操【その4】Tシャツ式 腎臓を調整します

        0
          Tシャツ式ストレッチ
          腎臓を調整し、血液を浄化します。

          Tシャツ01.jpg
          両肘を頭の上でかかえます。

          Tシャツ03.jpg
          「シュッ」と言って息を吐きながら
          からだを横に倒します。
          鼻から息を吸いながら、起こします。
          Tシャツ02.jpg
          「シュッ」と言って息を吐きながら
          反対側へからだを倒します。
          鼻から息を吸いながら、起こします。

          これを5回繰り返します。

          この4種類を行うことによって
          内臓全体を活性化し、からだ全体をトータルに調整します。

           

          内臓を活性化する体操【その3】スパイラル式 血液、気の流れをよくします

          0
            スパイラル式ストレッチ

            頭の上で両手のひらを外側に向け
            手のひらを合わせます。

            スパイラル01.jpg
            「シュッ」と言って息を吐きながら
            体を横に倒します。
            スパイラル02.jpg
            鼻から息を吸いながら、体を起こします。
            これを片側だけ、5回繰り返します。

            そして5回目に顔を天に向けてしっかり伸ばします。

            スパイラル04.jpg

            終わったら、反対側も行います。
            スパイラル03.jpg
            5回目はしっかり顔を天に向けて伸ばしましょう。
            スパイラル05.jpg

            スパイラル式だけは、片側だけ5回続けて行います。

             

            内臓を活性化する体操【その2】ムーン式

            0
              きれいな曲線美を作り、しなやかな体になります。

              この体操も横隔膜を調整します。
              まず頭の上で合掌します。


              「シュッ」と言って息を吐きながら
              体を横に倒します。
              合掌04.jpg
              鼻から息を吸いながら
              体を起こします。
              合掌03.jpg
              「シュッ」と言って息を吐きながら
              反対側へ体を倒します。
              鼻から息を吸いながら体を起こします。

              これを5回繰り返します。

              女性は曲線美を作りスタイルが良くなり
              男性はしなやかな体になります。

               

              内臓を活性化する体操【その1】肝臓、胃、横隔膜を調整 アコーディオン式

              0
                人間はお腹が大事です。

                そこで、内臓を活性化する体操を紹介します。

                肝臓、胃、脇のリンパ腺、横隔膜を調整する体操です。

                アコーディオン01.jpg
                足を軽く広げ、両手の指先を肩に触れるようにおきます。

                アコーディオン03.jpg
                「シュッ」と言って息を吐きながら、体を横に倒します。
                そして鼻から息を吸いながら体を起こします。

                今度は反対側へ、「シュッ」と言って息を
                吐きながら、体を横に倒します。
                アコーディオン02.jpg
                これを5回繰り返します。


                次のムーン式、スパイラル式、Tシャツ式も一緒に行うと
                より効果的です。

                 

                はじめはみんなヘタです

                0

                  野焼きで作った竹炭

                  この竹炭は、夕涼みウォークラリーで作った竹灯篭のあまりの
                  材料を利用しました。

                  なにしろはじめてなので、ちゃんと竹炭になったのは
                  全体の1割くらいでしょうか。

                  灰になってしまったり、生焼けだったり、火が全体に行き渡らず
                  失敗しました。

                  なんでも同じですね。
                  はじめてすることは、なかなかうまくいかない。

                  でも繰り返すことで、だんだん上手になり
                  結果もよくなってくる。

                  当院では、セルフケア(自己療法)の指導をしています。
                  最初はうまくできないので、効果もいまいちかもしれません。

                  でも、毎日やっているうちにだんだん上手になります。

                  そして効果もしっかり感じられるようになってきます。


                  最初はだれでもヘタです。
                  みんなそうです。

                  セルフケアも練習です。
                  上手になれば、ちゃんと結果はでますよ。

                   

                  花粉症

                  0
                    花粉の季節です。

                    花粉症に悩まされている方も多いことでしょう。

                    一度花粉症になったら、ずっと治らない???

                    そんなことはありません。


                    a0002_007533.jpg

                    人間には、外部の環境に合わせて対処していく仕組みが

                    備わっています。

                    その仕組みがちゃんと働いていれば、いくら花粉が
                    飛散していても大丈夫なのですよ。

                    特に大事なのは、首や肩周り。
                    デコルテの部分の、血液リンパの循環です。

                    昨秋から当院へ通い始めた患者さんがいます。

                    お二人とも、お子さんがおり年齢もだいたい同じ。

                    症状も、肩こり腰痛、花粉症、とだいたい同じ。

                    ひとりの方は、「今年はくすりも飲まず、点眼もしないで大丈夫」と
                    おっしゃっていました。

                    もう一人の方は、くすりも服用。点眼点鼻薬も使っているとのこと。

                    この違いは?


                    セルフケアの差ですね。

                    毎日ケアをしていたら、花粉症も軽く済んでいます。

                    もう一人の方は、ここ1ヶ月全くできていなかった、と

                    おっしゃっていました。


                    毎日少しでもいいのです。

                    当院で指導しているセルフケアも、どんどんバージョンアップして
                    どんどん簡単になっています。

                    毎日出来る、続けられるために、私たちも考えています。学んでいます。




                     

                    痛みに効く

                    0
                      はじめての方はこちらをお読みください


                      とげ.png
                      先日片づけをしていて、とげが刺さってしまいました。
                      小さいくせにけっこう痛いですよね。

                      そんなときに使えるグーパーキラキラ体操。


                      まずは”軽く”グーパーを2,3回します。
                      つぎに

                      手のひらを、キラキラっと2,3回します。

                      そして、痛みのあるところへそっと手をふれたり
                      あてたりしながら深呼吸を2,3回。

                      するとどうでしょう。
                      痛みが和らいでいるではありませんか。

                      カンタンですので、試してみてください。

                       

                      << | 2/3PAGES | >>

                      平成30年11月のお休み

                      毎日曜日休み。3日文化の日。23日勤労感謝の日。

                      ブログ「アトピーケア自然療法がんばらない脱ステロイド体質改善」

                      私が開院した理由

                      院長の堀庄宏(ほりまさひろ)です。結婚してから強く思ったことです。妻の妊娠や出産、日ごろの体調をみていて、女性のデリケートな部分を感じざるを得ませんでした。体調が悪ければ、こころも不安定になります。育児で母親の精神が不安定になると、いいことはありません。影響は家族全体にも及びます。女性が元気だと、家庭も社会も明るくなります。ですから、元気な女性を少しでも増やし日本をよりよくしたいのです。

                      selected entries

                      categories

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode
                      BBS7.COM
                      MENURNDNEXT
                      Twitterボタン
                      Twitterブログパーツ

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM